家系とは血縁でつながる集団のことをいい、さらに一族の関係性を線で結んで書き記したものを家系図といいます。最近では見る機会も少なくなってきましたが、自分の親族や祖先など血のつながりがある人を調べることは、自分のルーツを知ることができるほか亡くなった人を思い出して家族と改めて話すきっかけにもなります。さらに相続の準備のため家系図作りを考えり、終活の一環として作成される方もいるなど実用的な活用方法もあります。いざ作成しようと考えたときに、企業に依頼する方法もありますが自分で作ることももちろん可能です。

自分で作成する場合は、まず戸籍を調べる必要があります。本籍地の役所に受付をしてもらうのですが、本籍地と居住地が異なる場合があるので自分の先祖がどこを本籍地としていたか、あらかじめ調べておいたほうが無難でしょう。戸籍情報を収集することができたらそれを家系図にまとめていきます。誰と誰が結婚したか、誰が誰の子どもか等、情報量が多いのでいくら親族といえどもすべて理解している可能性は低いでしょう。

そのため、はじめに誰がどこに配置されるかチェックをして整理することが重要です。整理ができたらそれをまとめていくのですが、エクセルでまとめる方法と家系図作成専用の無料ソフトを使用してまとめる方法の2種類あります。どちらもテンプレートがあるので一からすべて自分で作成する必要がなく、初めて家系図を作る人にもハードルが低くなります。しかし、構成の自由度は低いので自分でこだわって作りたい人にとっては逆にストレスに感じてしまうかもしれません。

もしデザインに知識がある人であればテンプレートの内容を確認し、使用するかどうか判断してもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です