家系図を作る事で家紋の細かい由来や、いつから使い始めたのか等自分のルーツについて正確に詳しく知る事が出来ます。家系図は誰にでも作れるものではなく、行政書士だったり専門家にお願いする場合が普通です。勿論独力のみで作る方も居ますが、どうしても歴史上の漏れや文献を全てチェックする事が出来ない為、正確な物が出来なくなってしまう事もあります。家紋という文化自体のルーツについては、実は諸説あり詳しい事はわかっていません。

牛車の模様から転用して使っているか、洋服の模様から使っているのか、或いは特別な由来や理由があったと考えられています。しかし日本における家紋文化は、世界的に見てもユニークであるとされていて、歴史的な味わいがある事も事実です。ではそういった歴史的な内容を詳しく知るにはどうするのが正解なのでしょうか。自分のルーツを深く知る為には、家系図を作る専門家にお願いする事です。

家系図を作る専門家は、中には家系図がルーツを探る重要な物で後世にも伝えていくべきものだとわかっている為、お洒落な巻物風にまとめてくれたりします。勿論こういった物を作成するには別料金でオプションを頼む必要がありますが、自分の一生の思い出がアルバムだとしたら、自分の血筋全体の思い出が作れると思えば料金は安く感じてしまうほどです。専門家がしてくれる事は戸籍情報から追える内容と、文献から調べた内容を合わせた物を徹底的に調べてくれますので、正確性はかなり高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です