家系図はドラマや映画などではよく知られてものですが、実際に見たことがあるという方は意外にも少ないのではないでしょうか。しかし、昨今になって自分のルーツを知りたいという方が非常に多くなっています。そこで家系を調べたいと考える方も増えました。家系図の目的とはいったい何なのでしょうか。

目的はいくつもありますが、最もわかりやすいのは先祖が誰であるかを明らかにすることです。その人物と自分の続柄を知ることが出来ます。ただ先祖の名前が羅列されているだけでなく、自分とのかかわりがはっきりわかるものが家系図としては相応しいといえるでしょう。それゆえに続柄を表す線が引かれているものがよく使用されます。

家系を表す線は実は2種類存在します。それは横二本線と、縦一本です。横二本線は夫婦を表す線となっており、原則とて夫を右側に妻を左側に配置するようになっています。縦一本線は子供を表します。

これらを辿っていくことで家系を把握することが出来ます。家系図は基本的に紙媒体で残されたものを調べて知ることになります。大まかな仕組みをしっていて、情報を把握できれば書くことは出来ます。しかしながら、それには莫大な時間がかかります。

それゆえにプロに依頼するのが一般的となっています。それにはある程度のお金がかかります。その金額については業者ごとに異なるので、心配な方はまず連絡をしてみて見積りなどを行ってもらうことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です