家系図を作成してもらうと思いますが、もし家系図を特定の会社に作成してもらう場合にはどのようなことを注意したらよいでしょうか。依頼者側が注意する点は、家系図作成の目的を明確に伝えることです。例えば、自分の家の先祖代々の流れが興味あるため、それに関して調べたいと言う場合は結構掘り下げてくれる可能性があります。例えば自分が知っている限りでは、おそらく明治時代位までの資料があるためそこまでは調べることができるかもしれません。

しかし普通であれば、それ以前の事はなかなか調べようがないのも事実です。ところがプロはそれを明確にしてしまうのが大きな特徴と言え、それこそお金を払う価値がある仕事といえます。そのため、どのあたりまで掘り下げてくれるかなども聞いてみると良いかもしれません。ちなみに、随分と掘り下げることができますが、かなり細かい調査になってしまいます。

例えば、その1先祖代々の土地がありますが、昔であれば先祖代々の土地はそう簡単に移動する事はありません。特に江戸時代から明治時代にかけては、引っ越しをした人は特定の人を除けばほとんどいないはずです。そうすると、もともと先祖代々の土地の近くにお寺がありそのお寺を調べればおおよそ昔の資料などから判断し、その人の先祖がわかるようになっています。ただし、例外的な事が存在しており、お寺が燃えてしまった場合にはそこに書かれている過去帳と呼ばれる帳面を一緒になくなっている可能性があるかもしれません。

そうすると調べることができないため、制限がかかると言って良いでしょう。家系図の作成のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です