先祖に誉がある人がいると言われている場合には、家系図作成に興味を持つ人がいるかもしれません。家系図作成は一般的に、特定の会社が行ってくれます。それを専門的に行っている会社もありますので、もしある程度お金に糸目をつけないならば専門的な会社に家系図作成を依頼した方が良いかもしれません。当然ながらそこにはたくさんのお金がかかりますので、もし依頼する場合は300、000円から500、000円かそれ以上のお金を用意しなければいけないわけです。

継続して付き合いがあるといっても、たいていの調査は一時になりますので、サブスクのように毎回お金がかかるわけではありません。およそ見積もりなどを行い、そこに交通費などを加えた金額が請求されます。では自分で行う場合にはどのようにしたら良いのでしょうか。これに関しては、まず住民票をさかのぼる方法があります。

住民票からその自分の名前と親の名前を出し、親の田舎に行ってみます。親の田舎に行った時、親と自分の関係を証明できるものがなければいけませんので、そこで戸籍謄本なども同時に手に入れます。自分の住んでいる役所で戸籍謄本を手に入れ、例えば父親の実家を調べたいならば父親の田舎に行きそこの役所に自分と父親がつながっていることを証明する戸籍謄本を持っていくわけです。その結果、明治時代の最初まで遡った除籍謄本などを出してくれるでしょう。

ちなみにそれだけの費用は5000円位になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です