家系図作成は、特定の会社なので行っているケースもありますが、自分で作ることができないわけではありません。単純に、巻物を作るのではなく、1枚の紙ペラなどでよければ、自分で作成する事は可能です。どこまで遡ることができるかは人によって異なりますが、基本的に普通の家庭であれば明治時代ぐらいまでは遡ることができます。何故かと言えば、明治時代の比較的初期の頃に戸籍自体が作られたからです。

戸籍が作られたことにより、現在の仕組みと同じように戸籍制度ができ当時の生年月日などを残されています。それ故、非常に魅力的なものが作れる可能性もあるわけです。とは言え、完全に再現できるかと言うがなかなか難しく、さかのぼることができる場合も多少お金がかかります。どれぐらいのお金がかかるかは、どこまで盛るおるかによっても異なりますが1万円ぐらい用意しておけばとりあえずある程度遡る事は可能です。

まず自分の戸籍謄本を用意し、自分の父親の先祖が知りたければ父親の田舎に行きます。最近はネットなどで取り寄せることもできるようですが、できれば田舎まで行って資料を集めた方が楽しいかもしれません。遠いところならば別ですが、そうでなければまず訪れてみるのが良いでしょう。それは、家系図作成をするにあたり明治時代位までの除籍謄本が残されています。

ただ100年以上経過している場合消滅している可能性があるため、家系図は明治の初期頃のデータは既にないかもしれませんが、100年前のものつまり明治の終わりごろや大正時代位までは余裕でさかのぼることができるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です