家系図がある家はなかなか見つけることが出来ませんが、小学校などの道徳の時間に「自分の家族の家系図を作成しよう」というものもあるようです。家系図を作成するときには家族へ確認すれば簡単ですが、自分の親族のものを作成しろ、と言われたら大変です。そんなときには、作成するまでのスケジュールや時期などを考えて、あらかじめ「ここまで作ったら終わる」と決めておくといいでしょう。簡単そうに見えて実は難しい家系図の作成ですが、そのなかには「どうしたらもっと細かく作ることが出来るのだ」と悩む人もいるといいます。

家系のことなど考えたことがなければ、もちろんそれは当たり前のことです。なので、はじめに「親の家系」で作ってみることをおすすめします。親のものなら親に聞けばわかりますし、作りやすくなります。難しいことは考えずに、まずやってみることです。

家系図は親族のものまでいくので、なかなか時間が取れなくて大変な場合もあります。そんなときは事前にアポイントメントを取っておくと確認しやすいです。「宿題だ」と言ってみたり、自分の趣味なら「こういう理由で作ることにした」というように考えてみると良いかもしれません。面倒で大変な作業ですが、その家系についてしっかりと調べてみると実はあの武将と親族だった、遠縁だったなんてこともあるかもしれません。

自分も色々なことを知ることが出来るので、時間があるときに挑戦してみるのもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です