家族には歴史があるもの。自分の祖先が誰なのか、どんな人とつながっていたのか気になったことはないでしょうか。最近はテレビで自分の先祖をたどってみたり、有名な人物との繋がりを調べる番組があるなど、「家系図」が注目されています。「家系図」とは、自分の一族の系統を辿り、先祖の名前や生没年月を明らかにして一覧にしたものです。

家系図を作成するためには、古い戸籍を集める必要があります。英語では「Famiytree(ファミリーツリー)」と呼ばれますが、木のように枝分かれしていく図は見ているだけでも楽しむことが出来そうです。調べ方にはいくつか方法があります。父方姓または母方姓どちらかを選び一つの名字を辿って作成するのが一系統、父方姓と母方姓両方を辿って作成するのが二系統。

他にもありますが、兄弟や親戚関係もわかりやすいため、二系統がよくみられる手法です。方法としては、もちろん自分で調べてつくることもできますし、専門家に頼むこともできます。自分でつくる場合には、戸籍を遡ってつくることになります。遺産相続の際などに古い戸籍謄本を見たことがある方もいるかもしれませんが、戸籍謄本や除籍謄本を一つずつ請求することになります。

とても地道な作業になるため、プロの専門家にお任せすることも良い案です。代行で書類を申請してくれたり、専門家が調査をしてくれたりします。ルーツをたどることで、自分がどのようにして生まれてきたのか、祖先はどのような地域に住んでいたのかが分かります。家系図を調べることで、今まで知らなかった家族の歴史をきくことができるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です