動物は子孫を残すことでその種族を繁栄させていて、これは人間でも同じであり、現代に生きる人々には必ず先祖がいます。この先祖を時代を遡って関係を相関図にしたものが家系図であり、地方や旧家と呼ばれる家でも何世代も前の世代まで書かれたものを持っているところもありますが、多くは数世代程度を記憶している程度でしょう。実際に普段の生活で家系図が必要になる機会は多くありませんが、作成していなければいざという時に困る事態に陥ることも確かです。人間は永遠に生存していられるわけではなく、誰でもいずれは死亡してしまいます。

その際にその人の財産を関係者が相続することになりますが、ここで問題になるのは借金などの負の遺産の扱いです。遺産を相続する場合は財産の全てが対象になると法律で規定されていて、そこには資産だけでなく借金も含まれることになり、マイナス部分だけを排除しての受け取りは認められていません。この場合の借金は法律で権利が消滅していればいいのですが、消滅していなければ相続人がその支払い対象者になってしまいます。故人が残した借金は時間が経過するほど判別が難しくなり、証文などが残っていない口約束では確認が厳しくなるでしょう。

その際に家系図があれば知らない血縁者であっても知ることができるので、より多くの情報を入手できるようになります。家系図の作成は時間の経過と共に困難になってしまいますが、作成していなければ戸籍などから専門家が調査することになり、その費用は安くないというのが一般的なので注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です